ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.03.09 Thursday

広告

経営コンサルタント 児島保彦

2012.06.06 Wednesday

頼長 死す


権威を振るった頃も、最期も、強烈な印象が残りました。

 
2012.05.25 Friday

拍手ありがとうございます

 レス

続きを読む >>
2012.05.22 Tuesday

濡れた上皇さま

 

最初の西行の歌は上皇様に向けて言い放ったのかと思ったわい。
>「昔契りを結んだ〜」

びしょびしょの上皇様と頼長様、「まあ、上がれよ」の展開。
ちまちま拭くより濡れた着物を脱いだらいかがでしょう。。。
「悪左府頼長様は」とナレーションにも名前のように呼ばれる悪左府。

駄目パパですが、為義さん好き。
鬼若(弁慶)は一体何しに来たのか?

信西は本物のワルです。
山本さんもそう言ってる。
もともと信西が止めてなきゃ鳥羽院とも仲直りできたかも。
あなにくし、あなにくし。
サダヲさんの台詞の読み方がどうも慣れないです。。。。

2012.05.19 Saturday

保元の乱へ

 
2012.05.01 Tuesday

17話 ちょっと兄弟らしいかも

 
保元の乱の前試合でしょうか、碁を打つふたり。 
「めったなことを」と言いながら野心が見え隠れする新さんの演技はさすがです。
「帝など、早くみまかってしまえばいいのに」と、見舞いにも行かず、形だけでも崇徳さまと一緒にいてくれる雅仁親王。
崇徳さまの野心などお見通し。 
あの会話は碁に勝つための雅仁くんの心理戦法です(ウソ)
 
一緒にいようと言われたか、兄弟の碁をずっと見るだけの崇徳さまの息子は(名前忘れた、ごめん)雨もしとしと、眠くなってる、絶対。 
雨の情景が続き、涼しさとじっとりさ、嵐の前の少し暗い静けさが伝わります。
余談ですが私は雨が大好きです。
降ると心がざわつく感じが良いのです。 


春が早く来ないかなあ〜という歌を詠んだだけなのに、いまのところまだ国母で権力安泰の得子さんに「政権夢見てる」と言われ、またしても傷つく崇徳さま。 
心の傷が重なって重なって乱を起こしてしまうという部分を丁寧に描いていますね。
まわりのいろんな人に翻弄され、気持ちを持て余している崇徳さま。
そんなお兄ちゃんの姿に吹き出す弟。
 
普段から見ているから出る仕草ですね。
座ってる位置も含め「かっこわりいー」みたいなちょっと親しくて近い感じを受けます。  
今はまだ同じ立場の2人。 
損得抜きにしたら、仲はまあまあなのかもしれません。
雅仁くんははみ出し者を演じているような気がするので。


そして清盛の歌は、また頼長様の粛正リストに載る。
あ、後白河院収集の今様「梁塵秘抄」買いました。面白いです。

2012.04.26 Thursday

黒蝶

 
頼長様のお宅は、見事に家来が美形で埋め尽くされておりました。
2012.04.21 Saturday

清盛イベントと今様萌え

 5/11(金)「平清盛ナイト」開催決定!!
「一個人」 presents
「平清盛ナイト〜清盛と旅する平安時代」

【出演】本郷和人(東京大学准教授、「平清盛」時代考証)
【Guest】井浦新(俳優、「平清盛」崇徳上皇役)


新さんが来られますよ〜♪
平清盛ナイト…いまいち何をするイベントなのかよくわかりません。
平安時代を清盛目線で解説??
と、いいつつ、チケット取っちゃいました。

******

<前回雅仁くんが歌った歌>

我をたのめて来ぬ男
角(つの)三つ生(お)ひたる鬼になれ さて人に疎まれよ
霜雪霰降る水田(みずた)の鳥となれ  さて足冷かれ
池の浮草となりねかし と揺りかう揺り揺られ歩け

梁塵秘抄(平安時代末期の歌謡集。雅仁親王が後にまとめた今様歌謡の集成。)

私に期待させておいて、来なくなってしまったあの男。
角が3本生えた鬼になれ。そして人から忌み嫌われてしまえ。
霜や雪やあられが降る水田の水鳥になってしまえ。足が凍えて冷たいだろう。
池の水草になればいい。ゆらゆら揺られ彷徨えばいい。

今様って良いですよね。勉強しようかな。
「私に期待させておいて、来なくなってしまったあの男」って、高松放送局の新さんインタビューでは、雅仁くんが崇徳さまに投げかけた歌という風に語っていまして、院のことかな?と取れますが、

西行のことじゃねえ?

だとすると、「あの男は貴方を置いて行ったんですよ、兄さん。あんな男は、行き場もなく彷徨えばいい」と雅仁くんが言っているように妄想できますねえ。ひきずるひきずる崇徳義清BL。
保元の乱まであと少し。
兄弟萌えも加わっております。

この2人は崇徳さまが流されてからも何かと確執があり、崇徳さまが流された先で書いた経文を都のお寺に置いてくれないか、と頼んだ所、むげに突き返し、崇徳さまは、「ひどい、ひどい!」とその返された経に舌噛んで血文字を書き、鬼みたいになっていったと言われています。
雨月物語では、その鬼(天狗)に会って西行がお話をするそうな。
ここでも西行か!


拍手レス

続きを読む >>
2012.04.20 Friday

偏愛

雅仁→崇徳
萌え目線で小説を書いてみました。(一緒に暮らすのは今だけ今だけ!)
現代語ですが、よろしければご覧ください。

拍手はじめました。
ぽちっと押していただければとても嬉しいです。
キリ番はゴロ、年号、なんでもキリ番にできればOKです。お知らせください。
(未熟ながら、リクエストにお応え致します。)

続きを読む >>
2012.04.20 Friday

素敵リンクさま追加です

毎回、清盛の、主に武士方の雄雄しいイラストをお描きになる、れいレイ様のブログに相互リンクです!
いつも萌えをありがとうございます〜!

☆☆問☆答☆無☆用☆☆


はじめての方は、ぜひ行かれてください!

Powered by
30days Album